BLOG

腸内環境を整えよう

みなさんこんにちは!

QUALITAS南青山店の師田です⭐️

突然ですがみなさんは、外見だけでなく、体の中を綺麗にすることにも意識して生活をしていますか?

腸内環境が整っていると痩せやすい体にもなります。

運動や頑張ったり食事を制限しているのに変化が出ないという方は体の中の環境が整っていない可能性があります。

本日は便秘などでお困りの方にも読んでほしい内容になっています!

一緒にからだの内側からも綺麗になりましょう✨


⑴腸内環境が悪いと太りやすくなる?

太るメカニズムに腸内環境が関わっていることを示したアメリカの研究に注目が集まっています。

この研究では、まず腸内に細菌がいないマウスを2つのグループに分けて、片方のグループには太っている人の腸内細菌を、もう片方のグループには痩せている人の腸内細菌を移植しました。

それぞれのグループのマウスを1ヶ月同じ食事と運動量で育てた場合、太っている人の腸内細菌を移植されたマウスは、痩せている人の腸内細菌を移植されたマウスよりも、明らかに脂肪量が多かったのです。

このように腸内細胞が変わるだけで脂肪量の結果も変わります。

腸内環境が悪い場合には脂肪をためやすくなってしまうんですね。

⑵良い腸内環境とは?

1.腸内細菌の種類が多い

太りにくい人の腸内環境には、様々な種類の腸内細菌が住んでいます。

腸内細菌にはそれぞれ得意分野があり働きが異なります。

そのため、腸内細菌の種類が多ければ消化できる物質の種類も多くなり、体内に脂肪として蓄積しにくくなるのです。

2.短鎖脂肪酸が多い

太りにくい人の腸内には、短鎖脂肪酸という物質が多数存在することが分かっています。

短鎖脂肪酸とは腸内の善玉菌から生み出される脂肪酸で、脂肪を身体に吸収されにくくするだけでなく、脂肪を積極的に消費する働きをします。

そのため、短鎖脂肪酸が腸内に多数存在する人は、そうでない人と比べて、同じ食生活でも太りにくいのです。

⑶腸内環境を整えるには?

善玉菌は、短鎖脂肪酸を生み出します。

善玉菌は食物繊維を餌として増えるので、食物繊維が豊富に含まれる食品を意識的に食べるようにしましょう。

・玄米

・ゴボウやアスパラガス、キャベツなどの野菜類

・バナナやグレープフルーツなどの果物

・大豆や納豆などの豆類

・シイタケやエノキなどのキノコ類

・わかめやひじきなどの海藻類

また、発酵食品を積極的に摂り入れることで、短鎖脂肪酸を作り出す善玉菌を活性化させることができます。

以下のような発酵食品を日々の食事に加えていきましょう。

味噌・しょう油・納豆・ヨーグルト・チーズ・キムチ・粕漬けなど

 

腸内環境が良好かどうかは、毎日の排便によってチェックします。

色は黄色か褐色でバナナ状なら、良い腸内環境が保たれていると判断できます。

腸内環境が良くなる生活を続けるだけでなく、こまめに便をチェックする習慣も身につけていきましょう。

外苑前駅徒歩1分のQUALITASでは、管理栄養士による食事指導も行なっております。

お気軽にご相談ください!


「青山一丁目駅」「外苑前駅」「表参道駅」

から通えるパーソナルジムQUALITAS (クオリタス)が南青山にオープン。

「悩みのない『あなた史上』最高のカラダへ」

CONCEPTに、

「トレーニング」×「エステ」×「食事指導」を組み合わせた、

まったく新しいスタイルのパーソナルジムです。

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上どんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスン申し込みはこちらから↓

体験レッスンの概要を知りたい方はこちらのブログをチェック↓
http://minamiaoyama.qualitas-conditioning.com/blog/2020/11/17/qualitasの体験レッスン

 

南青山店HP→ https://minamiaoyama.qualitas-conditioning.com/
神楽坂店HP→ https://kagurazaka.qualitas-conditioning.com/
メインHP→ https://qualitas-conditioning.com/

関連記事一覧