BLOG

水とダイエット@外苑前

みなさんこんにちは!

外苑前駅から徒歩1分のパーソナルジム、QUALITAS南青山店の師田です⭐️

みなさん普段から水分はどのくらい摂っていますか?

ダイエットする方は2リットルは飲みましょうなんてことを聞いた方もいるのではないでしょうか?

実際どのくらい飲むと効果があったり、水によっても違いが出ることをご存知の方は少ないかと思います。

本日はダイエットと水の関係についてご紹介していきます💧


⑴水を飲むとどのような効果が?

なぜダイエットをするときは水を多く飲むように言われているのでしょうか?

満腹にするようにしたり、汗をかきやすくしたりと様々ですが、1番の効果はデトックス効果です!

人間の体に溜まった毒素や老廃物は尿や便などから排出されます。

汗からも排出されますが、それはごくわずかな量ですので、ほとんどの老廃物と毒素は尿と便から排出されます。

たくさんの水を飲むと尿が出やすくなりますが、そのときに合わせて毒素や老廃物が排出されるのでデトックス効果を得ることができるというわけです。

また、水をたくさん飲むことで便が柔らかくなるという効果もあります。

その結果、便秘が解消するわけですが、便も毒素や老廃物を排出する役割がありますので、便秘が解消することで体内のデトックス効果がさらに上がります。

他にも血液循環んがよくなるのでむくみの解消や、基礎代謝のアップにもつながります。

⑵水の種類によって変わる?

水にも種類があり、種類ごとに体に与える影響も変わってきます。

【軟水】

日本の水道水はそのほとんどが軟水で、ミネラルが少なく、飲み慣れているということもあって、美味しく飲むことができます。

胃腸などの身体への刺激も弱いので、赤ちゃんのミルクに使う水にも適しています。

軟水はミネラルバランスに優れ、身体に吸収しやすいという特徴があるため、疲労回復や美肌にも効果を期待できます。

【硬水】

水には硬度と呼ばれるカルシウムとマグネシウムの含有量を示す指標があります。

この硬度が高い水のことを硬水と呼びます。

硬水はミネラル分が豊富なため血液の流れを良くしてくれる効果があり、脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなると言われています。

また妊婦のカルシウム不足や運動時に不足するミネラルを補い、便秘解消効果も期待できます。

運動時には硬水が適していると言われています。

⑶1日の水分摂取量は?

水は1日に2リットルくらい摂取するのが理想と言われています。

その理由としては、毎日体の中で老廃物を含む古い水分が、2リットルくらい作られているので、この古い水分を排出するために新鮮な水が必要になるためです。

ですが、体重が100kgの人と50kgの人で、同じ2リットルというのもおかしいですよね。

そこで、1日に必要な水分量は「体重kg×30ml」を目安にしてください。

水分をとろうと一気にたくさんの水を摂取すると、胃腸に負担をかけてしまうので、コップ1杯くらいの水を8~10回くらいに分けて飲みましょう。

 

水を飲むことは様々なメリットがります。

水はカロリーもないのでたくさん飲んでも太る心配はありません。

ダイエット時は水分をしっかり摂るように心がけてくださいね✨


「青山一丁目駅」「外苑前駅」「表参道駅」

から通えるパーソナルジムQUALITAS (クオリタス)が南青山にオープン。

「悩みのない『あなた史上』最高のカラダへ」

CONCEPTに、

「トレーニング」×「エステ」×「食事指導」を組み合わせた、

まったく新しいスタイルのパーソナルジムです。

ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上どんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスン申し込みはこちらから↓

体験レッスンの概要を知りたい方はこちらのブログをチェック↓
http://minamiaoyama.qualitas-conditioning.com/blog/2020/11/17/qualitasの体験レッスン

 

南青山店HP→ https://minamiaoyama.qualitas-conditioning.com/
神楽坂店HP→ https://kagurazaka.qualitas-conditioning.com/
メインHP→ https://qualitas-conditioning.com/

関連記事一覧