BLOG

食物繊維について知ろう!@外苑前/表参道

みなさんこんにちは!

南青山/外苑前/表参道エリアのパーソナルジムQUALITASの師田です😊

本日は食物繊維のお話です!

みなさんは食物繊維ときくとどのようなイメージがありますか?

便通が良くなったり、腸内環境が整うといったイメージがあるかと思います。

実際に便秘解消のために食物繊維を摂取しようと思っても、一体どんな食べ物に多く含まれているのかわからず、何を積極的に食べればいいか迷ってしまう…なんてことはないでしょうか。

今回は食物繊維とは何か、どんな食べ物に多く含まれているかなど2回に分けてご紹介していきます!


⑴食物繊維とは?

食物繊維とは、食品の中に含まれている成分のうち人の体内の消化酵素で分解することができない物質をさします。

食物繊維の多くは単糖(これ以上加水分解されない糖類)がたくさん結合した多糖類の仲間ですが、体内に吸収されないため体のエネルギー源にはなりません。

食物繊維にも種類があり、大きく分けると水に溶ける「水溶性食物繊維」と水に溶けない「不溶性食物繊維」に分けられます。

【水溶性食物繊維】

水溶性食物繊維は、水に溶けるとゼリー状になるのが特徴です。

こんにゃくや海藻類などドロドロやぬるぬるなど粘りのあるもので、水分を保持する力が強いものでもあります。

小腸での他の栄養素が吸収される速度を緩やかにして、食後に血糖値が急に上がるのを防ぐことにつながっています。

消化されにくいことで、便の体積を自然と増やすことにつながります。

さらに便を出しやすくして、腸内の環境を整えることで知られる善玉菌を増やす助けもおこないます!

【不溶性食物繊維】

水に溶けない不溶性食物繊維は、植物性の食品に多く含まれています。

水溶性食物繊維と異なり、パサパサ・ざらざらとした食感などを持っている食べ物が多いです。

不溶性食物繊維は、胃や腸のなかで水分をたくさん吸収します。

それによって便の体積が増えて、大腸の刺激になり、排便が促されることになります。

また水溶性食物繊維と同じく、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える特徴もあります。

⑵食物繊維を摂ることで期待できる効果とは?

①便秘の解消

不溶性食物繊維は、水に溶けずに胃や腸で水分を吸収して膨らみ便の容量を増やします。

膨らんだ便は腸を刺激して腸の動き(ぜん動運動)を促し、排便を助けます。

便秘に悩む方は不溶性食物繊維の多いもの選ぶと、便秘解消につながります。

②腸内環境が整う

水溶性・不溶性食物繊維、どちらの食物繊維も大腸内にある細菌によって発酵・分解されたあと善玉菌のえさになります。

それによって、腸内で善玉菌が増えて腸内フローラが改善されます。

また、排便の際に有害物質などを吸着して排泄するので、腸内環境が整います。

③食べ過ぎを抑える

食物繊維は腹持ちがよく、食事を多く摂取することを防ぎます。

また不溶性食物繊維は飲み込む前によく噛むことが必要となり、これも食事量がオーバーすることを防ぎます。

これらによって食べ過ぎや体重増加をおさえてくれるのです。

 

本日はここまで!

食物繊維がどのようなものかわかりましたでしょうか?

次回は食物繊維が多く含まれる食品をご紹介していきます!


ダイエット、ボディメイク、姿勢改善、体力向上、エステどんなお悩みもご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております^^

体験レッスン申し込みはこちらから↓

体験レッスンの概要を知りたい方はこちらのブログをチェック↓
http://minamiaoyama.qualitas-conditioning.com/blog/2020/11/17/qualitasの体験レッスン

 

南青山店HP→ https://minamiaoyama.qualitas-conditioning.com/
神楽坂店HP→ https://kagurazaka.qualitas-conditioning.com/
メインHP→ https://qualitas-conditioning.com/

関連記事一覧